インターナショナルスクールのトレンド

最近開校したインターナショナルで 有名なのが軽井沢にあるインターナショナルスクールがあります。現在、は一期生の15歳から16歳の49名が在籍しています。全寮制となっているんですよね。この学校は創立時の目的を明確にしており、将来に「変革を起こせるリーダーを育てること」としています。その理念に則った形でプログラムが形成されいるのです。まったくの新設校にもかかわらず、一期生の応募倍率が4.7倍にも及んだ。なぜこんなにも人気が出たのでしょうか。その理由として、インターナショナル・スクール・オブ・アジア軽井沢の構想が、外資系投資銀行を経てユニセフフィリピン事務所に勤務していた小林りん氏が2007年から始動させていたためであると考えられる。こういった、創立時のコンセプトを明確にして学校を創立することは大切なことだとおもいます。インターナショナル・スクール・オブ・アジア軽井沢の授業はすべて英語で行われます。 英語と公用とすることは国際感覚を養うことでは重要な事であるといえますよね。こういった新しい取り組みは批判的な意見が上がることもしばしばですが、こういった思想が新しい時代を築くこともあると思われます。しかしながら学校経営もこういったコンセプト明確にしていく時代にあるといえますよね。学校というのは、なんの為にということをしっかり教えることが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>