インターナショナルって学校?

良く一般的にインターナショナルについてはそもそも学校なのがが指摘されますが、まずは生徒の英語力が第一条件となっていることが多いようです。英語面接によって判断されます。多くの学校で入学希望の保護者がネイティヴスピーカー並みの英語力がないと入学が許可されない場合がほとんどです。英語力がないと学業についていけないことと、保護者が学校側と連絡やお便りなどが正しく理解できないと困ることがあるので、それが理由の一つとして大きいとされています。しかしながら学校側が英語力を身に着けるためのトレーニングを設けている学校もあります。基本的に子供の柔軟性があれば英語は簡単に身に付くと思われます。英語圏内で生まれた人を優先して入学させる傾向が多いです。日本も国際化のながれにより最近の日本の国際化に伴い、インターナショナルスクールに通わせる親も多くなってきているそうです。なので、更なる英語力が求められる時代になってくると予想できます。入学試験等でずば抜けた成績を残す必要がでてくると思われます。もう一つの大きな入学条件として、学費の問題があります。インターナショナルスクールは日本が認可している学校ではないので私立学校と同等の入学金を負担しなければいけません。年間、約200万円と言われています。ですので外資系企業の役員とかでないと厳しいかもれませんよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>