インターナショナルスクールを考える

皆さんはインターナショナルについてどんなイメージをもってますか。インターナショナルスクールの現況として、大きく3つがあるといえます。それは、まず、外国の教育をする学校です。この学校の目的として、日本在中のビジネスマンや外交官の子弟を教育することです。次に、国際的な教育をする学校です。この学校は、さまざまな国籍の児童を受け入れて、英語で授業を行い、国際バカロレアの資格の取得を目的としています。最後に日本人の英語教育のための学校があります。この問題点を理解しておくことは重要な要件であるといえるでしょう。まず。最初の問題点として、正式な学校という認可を受けられないという点があります。各種学校として分類されてしまいます。この問題の一番の課題は、大学進学の資格が取れないことにあります。法律上、不就学児童の扱いとなってしまうので、大学、また高校の受験資格が取得できないことがほとんどです。こういった事実を知らないで入学してくる児童もいて、問題となることもしばしばあります。よく確認し事実を知ったうえで計画を持つことが重要となってきます。しかしながらこういった学校について近年、文部科学省はインターナショナルスクールの卒業生に、日本の大学受験資格を認める方向に動いてきているというのも事実ですこれに伴い進学のひとつとして、選択されることになっているのも事実であるといえますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>